HOME > 交通案内・周辺散策
中房温泉ブログ宿六日誌
日本秘湯を守る会
オンライン宿泊予約も可能となっております。
日本秘湯を守る会のスタンプ帳に押印できる唯一のWebサイトです。
中房温泉 携帯サイト
リンク
中房温泉の商標登録について
交通案内
お車をご利用の方

【カーナビゲーションをご利用の場合】

カーナビゲーションをご利用になる際に、「中房温泉」の電話番号を登録されますと、「中房温泉冬季事務所」へ誘導されてしまいますので、「中房温泉」の住所または地名をカーナビゲーションへ登録し、おこし下さい。
電車をご利用の方
電車をご利用の場合
中房温泉の紅葉について
中房温泉近辺の紅葉は、例年10月25日頃がピークです。
唐松の紅葉や燕岳の初冠雪の時期は11月上旬(11月3日~10日)頃が素晴らしく、また、この頃には、途中の観音峠付近の紅葉がピークとなります。
上手くいけば、2種類の紅葉(唐松と広葉樹)を見て尚且つ初冠雪を見る事ができます。
周辺散策

【珪華】

中房温泉の使用している湯元は24箇所あまりになりますが、その湯元の周りには多くの「珪華」があります。
この珪華は、昭和3年「国指定の天然記念物」に登録されました。
珪酸を多量に溶存している高温泉は湧出孔 の周囲には温泉沈殿物の珪華ができます。これが、数百年・数千年・数万年と時間がたつにつれて、成長して きます。時には、枯葉や草などを含んで化石の状態になってきています。

【水すぎ】

亜熱帯の植物ですが、温泉の地熱のため生存しています。

【焼山】

地熱で蒸気を噴出し、砂を掘って卵や芋などを埋めるとたちまち蒸し上がります。
(ジャガイモ、たまご、手作りソーセージ、おやき、トン足等、常時ご用意しております。フロントまでお尋ね下さい。)

【田村薬師】

坂上田村麻呂将軍が奉納した薬師如来を祀ってあります。

【吉田弦二郎碑】

"信濃路の秋深く一人来ぬれば山高く月残れり、山径人を思えば杳然として山いよいよ遠し"の詩碑。

【碌山美術館】

彫刻家萩原碌山の作品、資料が納められたレンガ造りの美術館。
別館のグウズベリーハウスには碌山にゆかりの高村光太郎、戸張弧雁、中原梯二郎などの 作品が展示されています。

【有明美術館】

宋、明時代の古陶磁から、ロダンを始め現代作家の彫刻、絵画、版画などが展示されています。

【大王わさび農場】

北アルプスの清らかな雪解け水が湧き出す安曇野は、わさびの名産地です。 広大なわさび田と数々のわさび製品がそろっています。

【安曇野ちひろ美術館】

絵本画家のいわさきちひろの作品を始め、世界の絵本画家の作品が展示されています。
絵本の歴史や絵本を勉強するための資料も数多く、カフェ、ショップなども揃い、アルプスのふもとに広がる田園風景の中で、絵本の世界を十分に楽しめる施設です。

【中房温泉】

〒399-8306 長野県安曇野市穂高有明 7226TEL:0263-77-1488 FAX:0263-77-4288

【中房温泉冬季事務所】

〒399-8101 長野県安曇野市三郷明盛1687TEL:0263-77-2008 FAX:0263-77-5488

ページの先頭へ